ネット・ゼロ・エネルギーハウス(Net Zero Energy House)通称ゼッチ(ZEH)|省エネを考えるアグリゲート

プライバシーマーク
TEL0120-693-111
受付:9:00~18:00 土日祝休

夢か幻か?ゼロ・エネルギー住宅

ネット・ゼロ・エネルギーハウス(Net Zero Energy House)

ネット・ゼロ・エネルギーハウス(Net Zero Energy House)、通称ゼッチ(ZEH)という言葉があります。
一次エネルギーの消費量が実質(ネット)で0となる住宅として、日本政府が2020年にも新築住宅の標準とする目標を掲げています。
※一次エネルギーとは空調・換気・照明・給湯にかかるエネルギーで、テレビやパソコンなど、日常生活の根幹に影響を及ぼさないものは含まれません。

もっと簡単にしましょう!

「ご自宅で使う分の電気やお湯は、自分で作る」
さてこのようなことが可能なのでしょうか?

三つの必勝パターン

1.太陽光発電で電気を創る
2.省エネ設備
3.断熱構造

太陽光発電・省エネ・断熱構造

1.太陽光発電で電気を創る
これを実現するあたっては、まず一義的にエネルギーの創出が必要となります。
現在ご自宅で創エネするのに、風車や水車でこれを行うことも可能かもしれません。
求められれば弊社としても、やぶさかではないこともないこともないです。
しかし現実的には太陽光発電が一番手っ取り早いといえるでしょう。

2.省エネ設備
次に目指すのは省エネ設備です。
テレビもエアコンも、風呂さえも使わず生活出来ればいいのかもしれないですが、失うものが多すぎます。
もちろん常に気に留めておくのは重要です。「HEMS」と呼ばれるエネルギー使用量を可視化した機器も有用です。
他に省電力家電やシステムの導入も検討すべきでしょう(エコキュート・オール電化・蓄電池etc)。

エコキュートについて 太陽光発電について

3.断熱構造
最後のステップは断熱です。
せっかく創エネも省エネもしたのに、ガラス窓や玄関などの開口部、屋根や壁そのものから、熱を外部に垂れ流していては 何の意味もありません。
また断熱には健康面の効果もあり、住まいの断熱性を上げることでヒートショックのリスクを和らげ、快適な日常生活を送るのにも大きく貢献します。
※ヒートショックとは家の中の急激な温度差がもたらす身体への悪影響のことです。 急激な温度変化により、血圧が大きく 変動することで、失神や心筋梗塞、脳梗塞などを起こすことがあります。

三つの必勝パターンを活用する

話は最初に戻りますが、この「3つの必勝パターン」を活用することで、空調・給湯・照明・換気など、一次エネルギーの収支を プラスマイナス「ゼロ」にする住宅のことをネット・ゼロ・エネルギーハウス(Net Zero Energy House)、通称ゼッチ(ZEH)と呼ぶのです。
政府目標では、こう記しています。

住宅については2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を標準的な新築住宅とすることを目指す。2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。
※エネルギー基本計画より抜粋

私が子供のころ(ファミコン世代)、スマホやインターネットは、SF世界のものでした。
車はまだ空を飛んでいません。ですがこうしてみると、ゼッチ(ZEH)が次世代のスタンダードになることは、まったく不思議なものとも思えないですね。

↑ PAGE TOP